フランス ブルゴーニュ ボジョレー シルーブル クリュ ボージョレ ヴィラージュ ヌーボー メジア社 AOC 自然派ワイン 有機栽培ワインの呼称のみを目的とせずビオダイバシティを追求  テラ・ヴィティス認定 HVE フランス政府 最高水準環境価値認証 フランス航空に選ばれ続ける伝統のワイナリー

DOMAINE DE LA COMBE AU LOUP - EARL MÉZIAT PÈRE ET FILS - CRUS DU BEAUJOLAIS AOC - BEAUJOLAIS-VILLAGES AOC ROUGE et BLANC et ROSÉ
HEALTHY NATURAL WINE - BIODIVERSITY -  PLANT PROTECTION - TERRA VITIS SUSTAINABLE VITICULTURE - HVE HIGH ENVIRONMENTAL VALUE
フランスワイン ブルゴーニュワイン ボジョレーヌーボー 有機ワイン・有機栽培に留まらないブドウ栽培 自然派ワイン ビオ ダイバーシティー
MEZIAT AILE wine boutique
フランスワイン ブルゴーニュワイン ボジョレーヌーボーフランスワイン ブルゴーニュワイン ボジョレーヌーボー
MÉZIAT フランス ブルゴーニュ ボジョレ シルーブル 伝統のワイナリー:メジア社 航空便で直輸入するAOC自然派ワインをお届けします

HOME | ワイナリーメジア社ご案内

ワイナリー MÉZIAT メジア社 ご案内

ワイナリー MÉZIAT メジア社
ご案内

M
MEZIAT HISTORY

~ HISTORY ~
メジア物語
「最後の狼」伝承と「伝説の醸造家」
歴史が織りなす 伝統的なワイン造り

社名: EARL MÉZIAT PÈRE ET FILS (メジア・ペール・エ・フィル)
ドメーヌ(ワイナリー):
DOMAINE DE LA COMBE AU LOUP
(ドメーヌ・ドゥ・ラ・コンブ・オ・ルー)
   「最後の狼の(小さな)谷のワイナリー」

フランス中東部 ブルゴーニュ地方の南部、そしてローヌの北端に位置する ボージョレ地区の北部に位置するシルーブル村に醸造所を構えるワイナリー。
AOC「Crus de Beaujolais クリュ・デュ・ボージョレ」3村のブランドを有します。 CHIROUBLES シルーブル MORGON モルゴン RÉGNIÉ レニエ
そして、VAUXRENARD ヴォールナール にも畑を広げています。
先代たちから守り伝えられる伝統的なワイン造りは その恵まれた土地と土壌を守り育むところから始まります。

~ HISTORY ~
メジア物語
「最後の狼」伝承と
「伝説の醸造家」
歴史が織りなす
伝統的なワイン造り

社名:

EARL MÉZIAT PÈRE ET FILS
メジア・ペール・エ・フィル

ドメーヌ(ワイナリー):

DOMAINE DE LA COMBE AU LOUP
ドメーヌ・ドゥ・ラ・コンブ・オ・ルー
「最後の狼の谷のワイナリー」

フランス中東部 ブルゴーニュ地方の南部、そしてローヌの北端に位置する ボージョレ地区の北部に位置するシルーブル村に醸造所を構えるワイナリー。
AOC「Crus de Beaujolais クリュ・デュ・ボージョレ」3村のブランドを有します。

CHIROUBLES シルーブル
MORGON モルゴン
RÉGNIÉ レニエ

そして、VAUXRENARD ヴォールナール にも畑を広げています。 先代たちから守り伝えられる伝統的なワイン造りは その恵まれた土地と土壌を守り育むところから始まります。

ビオダイバシティ

メジア社AOC自然派ワイン

 
「Vielle Vignes ヴィエイユ・ヴィーニュ」
樹齢50年を超える古木が元気に育つブドウ畑は、昆虫や動物などすべての生物が将来に渡って共生し得る生物多様性の保護に努めて管理されています。
その徹底した自然派コンセプトは醸造設備を含めた農場経営全体で実践されているものと認められ HVE認証へと至ります。

 
メジア社AOC自然派ワインメジア社AOC自然派ワイン

HVE高環境価値と
テラ・ヴィティス

HVE

 
HVE「高環境価値」としてフランス政府・公的機関から最高位ランクの環境認証を受けています。
また単なる有機栽培の「呼称」のみを目的するのではなく、自然・生態系の循環・維持・持続性を追求し、テラ・ヴィティスの認定も受けています。
 
HVEHVE

受賞歴多数

金賞

 
15ヘクタールに達するブドウ畑を 原産地呼称統制AOC・AOPに登録された
シルーブル モルゴン レニエ さらに ヴォールナール の各村に有し
伝統的ワイン作りを守り続けるドメーヌです。
先代は「10人のワイン醸造家」に数えられた名門。
各種コンクールでの受賞歴多数。
 
金賞金賞

  Top⬆

土地に生まれ、土地を愛し、
土地に生きる

メジア社AOC自然派ワイン

メジア家の先代たちがブドウの作付けを始めたのは、この地域の入植でもかなり初期段階であったと考えられる。
1870年頃には、すでに現在の形に近づいていた伝統あるワイナリー。
ボージョレ地区の中でも特に標高が高く 入り組んだ山と谷を多く有する自然豊かなシルーブルには「最後の狼」が生息していたと伝えられている。ドメーヌ(ワイナリー)の名前の由来はここから来ている。
メジア家の先代は、土地を切り開いてきた先駆者のひとりとして、土地の伝承を守り、土地の自然から与えられたテロワールの恵みを忘れないために、自らのドメーヌにこう名付けた。
「Domaine de la Combe au Loup」
「最後の狼の小さな谷のドメーヌ」

*ドメーヌ:ここでは「農園造りからブドウ栽培、醸造から瓶詰めまでのワイン造りのすべてを一貫して自社で行うワイナリー」のことを指しています。 

「10人のワイン醸造家」

先々代当主 アルベール・メジアは かの帝王と評されるジョルジュ・デゥブッフ氏を含む「10人のワイン醸造家」のひとりに数えられている伝説の職人。
アルベールが取り組んだ有名な事例のひとつ。その時代まで、大きく重量のかさむ樽詰めでしか出荷されていなかったワインを、ドメーヌで自ら瓶詰めにして出荷することを積極的に推進した。
当時、容器を移し替えたり瓶詰めしたりするのは基本的にドメーヌの仕事ではなかった。
ドメーヌによる瓶詰めは搬送性を飛躍的に向上させ、販路拡大を容易にするとともに、衛生面においても貢献した。1950年代初頭から始め、広く一般に普及する先駆けのひとりであったとされている。 

 
 
 

アルベール

「10人のワイン醸造家」

アルベール

先々代当主 アルベール・メジアは かの帝王と評されるジョルジュ・デゥブッフ氏を含む「10人のワイン醸造家」のひとりに数えられている伝説の職人。
アルベールが取り組んだ有名な事例のひとつ。その時代まで、大きく重量のかさむ樽詰めでしか出荷されていなかったワインを、ドメーヌで自ら瓶詰めにして出荷することを積極的に推進した。
当時、容器を移し替えたり瓶詰めしたりするのは基本的にドメーヌの仕事ではなかった。
ドメーヌによる瓶詰めは搬送性を飛躍的に向上させ、販路拡大を容易にするとともに、衛生面においても貢献した。1950年代初頭から始め、広く一般に普及する先駆けのひとりであったとされている。 

  Top⬆
メジア社AOC自然派ワイン

3代に渡る近代化の歩み

1970年頃から アルベールの息子ジェラールは設備の近代化を図り始める。
1984年 現行名でのワイナリーを創設し、貯蔵庫・ワインセラーと空調設備を整えた醸造所の建設を行う。
1993年 学業を修めたダヴィッドが経営に参画。伝統を守りながらも環境と生態系を考慮した現代的栽培方法と醸造方法を導入する。

3代に渡る近代化の歩み

メジア社AOC自然派ワイン

1970年頃から アルベールの息子ジェラールは設備の近代化を図り始める。
1984年 現行名でのワイナリーを創設し、貯蔵庫・ワインセラーと空調設備を整えた醸造所の建設を行う。
1993年 学業を修めたダヴィッドが経営に参画。伝統を守りながらも環境と生態系を考慮した現代的栽培方法と醸造方法を導入する。


父から子へ、さらにその先へ

学業を修めた現当主ダヴィッド・メジアは、ドメーヌの経営に参画する。祖父にあたるアルベールを初めとした祖先からの伝統のワイン造りを守り踏襲していく一方で、現代に即した環境保護と衛生管理を両立させるため、習得した新技術の知識を生かしてドメーヌ改革に取り組んできた。基礎となるテロワールの保護と有効性に着目し、先ず、土地を愛し、その恵みを保護・伸長させるところからスタートする。先代からの伝統を受け継ぎつつ、一方では新設備を導入した新ワイナリーの創建により、近代的な衛生保護環境の確保に努める。設備が新装されても、この土地の恵みに生きるものとして伝承を受け継ぎ、あらためて「最後の狼の谷のドメーヌ」の名称を継承する。ワイナリーのエンブレム(紋章)には「狼」を戴いている。

 
メジア社AOC自然派ワイン

 


父から子へ、さらにその先へ

メジア社AOC自然派ワイン

学業を修めた現当主ダヴィッド・メジアは、ドメーヌの経営に参画する。祖父にあたるアルベールを初めとした祖先からの伝統のワイン造りを守り踏襲していく一方で、現代に即した環境保護と衛生管理を両立させるため、習得した新技術の知識を生かしてドメーヌ改革に取り組んできた。基礎となるテロワールの保護と有効性に着目し、先ず、土地を愛し、その恵みを保護・伸長させるところからスタートする。先代からの伝統を受け継ぎつつ、一方では新設備を導入した新ワイナリーの創建により、近代的な衛生保護環境の確保に努める。設備が新装されても、この土地の恵みに生きるものとして伝承を受け継ぎ、あらためて「最後の狼の谷のドメーヌ」の名称を継承する。ワイナリーのエンブレム(紋章)には「狼」を戴いている。 

本物の「自然派ワイン」へ
HVE

人に優しい、地球に優しい、環境保護や生態系保全の追求による、本物の「自然派ワイン」造りへの取り組みは、フランス政府の最高水準「高環境価値」認証やテラ・ヴィティス認定へと結実し、評価を受けます。
ブドウ畑は、有機栽培に留まらない「持続可能な保護されたブドウ栽培 - テラ・ヴィティス Terra Vitis」に認定されている。
また、ブドウ栽培だけでなく、土壌の維持管理や水資源管理を条件とする農園管理と醸造施設を含めた農場全体での「生物多様性の保護と維持」が問われる 政府の環境認証において 最高水準の認定となる HVE「高環境価値」の認証を得ている。

そして更なる醸造家の道へ

2009年 農地は14ヘクタールを超え、CHIROUBLES、MORGON、RÉGNIÉ、そして Beaujolais-Villages の統制された原産地呼称を有するブドウ畑を所有し、ワイン作りに邁進している。近年、シルーブルに北接するVAUXRENARD ヴォールナール にもドメーヌを拡大しており、農園の規模は15ヘクタールに及ぶ。近い将来、あらたなブランドが商品に並ぶでしょう。
 

 
 
 

メジア社AOC自然派ワイン

そして更なる醸造家の道へ

メジア社AOC自然派ワイン

2009年 農地は14ヘクタールを超え、CHIROUBLES、MORGON、RÉGNIÉ、そして Beaujolais-Villages の統制された原産地呼称を有するブドウ畑を所有し、ワイン作りに邁進している。近年、シルーブルに北接するVAUXRENARD ヴォールナール にもドメーヌを拡大しており、農園の規模は15ヘクタールに及ぶ。近い将来、あらたなブランドが商品に並ぶでしょう。

  Top⬆

~ 受賞歴 ~
(一部抜粋)

銘柄

CHIROUBLES シルーブル

主な 受賞歴

Concours des Grands Vins du Beaujolais
コンクール・デ・グラン・バン・デュ・ボージョレ

意訳:ボージョレ・最高ワイン・コンクール
生産年:    2008
受賞:     最優秀賞

主な 受賞歴

Concours Général Agricole à Paris
コンクール・ジェネラル・アグリコル・ア・パリ

意訳:パリ 全農・農産物コンクール
生産年:    2010
受賞:      金賞

主な 受賞歴

Concours Général Agricole à Paris
コンクール・ジェネラル・アグリコル・ア・パリ

意訳:パリ 全農・農産物コンクール
生産年:    2015
受賞:      銅賞

主な 受賞歴

Concours des Grands Vins du Beaujolais
コンクール・デ・グラン・バン・デュ・ボージョレ

意訳:ボージョレ・最高ワイン・コンクール
生産年:    2016
受賞:      金賞

その他受賞歴

その他 多数

雑誌・専門誌の
取材・掲載

Guide Hachette, Revue Vins de France,
Dussert Gerbert, Gilbert & Gaillard,
Gerbelle & Maurange などの各誌多数

  Top⬆
銘柄

MORGON モルゴン

主な 受賞歴

Concours des Grands Vins de France
コンクール・デ・グラン・バン・ドゥ・フランス

意訳:フランス・最高ワイン・コンクール
生産年:    2010
受賞:      金賞

主な 受賞歴

Concours International de Lyon
コンクール・アンテナシオナル・ドゥ・リヨン

意訳:リヨン国際コンクール
生産年:    2011
受賞:     最高金賞

主な 受賞歴

Concours des Grands Vins de France
コンクール・デ・グラン・バン・ドゥ・フランス

意訳:フランス・最高ワイン・コンクール
生産年:    2014
受賞:      金賞

その他受賞歴

その他 多数

雑誌・専門誌の
取材・掲載

Guide Hachette, Revue Vins de France,
Dussert Gerbert, Gilbert & Gaillard,
Gerbelle & Maurange などの各誌多数

特記事項

ヨーロッパで最大規模を誇る アシェット社
(Hachette) が発行した「ワイン・ガイド」
において絶賛され 大きな注目を集めました

  Top⬆
銘柄

RÉGNIÉ レニエ

主な 受賞歴

Concours des Grands Vins de France
コンクール・デ・グラン・バン・ドゥ・フランス

意訳:フランス・最高ワイン・コンクール
生産年:    2010
受賞:      銅賞

主な 受賞歴

Concours Général Agricole à Paris
コンクール・ジェネラル・アグリコル・ア・パリ

意訳:パリ 全農・農産物コンクール
生産年:    2015
受賞:      銀賞

その他受賞歴

その他 多数

雑誌・専門誌の
取材・掲載

Guide Hachette, Revue Vins de France,
Dussert Gerbert, Gilbert & Gaillard,
Gerbelle & Maurange などの各誌多数

  Top⬆
銘柄

BEAUJOLAIS-VILLAGES BLANC
ボージョレ・ヴィラージュ ブラン(白)
   シャルドネ種100%

主な 受賞歴

Concours des Grands Vins du Beaujolais
コンクール・デ・グラン・バン・デュ・ボージョレ

意訳:ボージョレ・最高ワイン・コンクール
生産年:    2016
受賞:      金賞

雑誌・専門誌の
取材・掲載

Guide Hachette, Revue Vins de France,
Dussert Gerbert, Gilbert & Gaillard,
Gerbelle & Maurange などの各誌多数

  Top⬆

ワイナリー インフォメーション

土地と土壌

メジア社AOC自然派ワイン

 
小高い山・・・と言うよりは丘に囲まれた高原地帯で、ブドウ畑は水捌けの良い地質である花崗岩質の丘陵地帯に広がる土地にあります。
標高400メートル前後のところに村が形成されています。ボージョレ地区のなかでは最も標高の高い場所のひとつになります。
 

ブドウ品種「赤・ロゼ」

メジア社AOC自然派ワイン

 
赤ワイン・ロゼワイン は
「Gamay」ガメイ種 で造られています。
この品種で造られる赤ワインは  そのフレッシュさが際だった特徴で、それ故に長期熟成よりも早飲みに適しているとか、ワイナリーごとの、銘柄ごとの性格の違いがハッキリと出易いとされています。
メジアの造る赤ワインも、各銘柄ごとの特徴が顕著に感じられます。共通しているのは、やはりそのフレッシュさに加えて、ベリー系の香りの高い、華やかなフルーティーさと、シッカリ出ている深紅に輝くルビー色です。
 

ブドウ品種「白」

メジア社AOC自然派ワイン

 
白ワイン は
「Chardonnay」シャルドネ種 で造られます。
ブルゴーニュの白ワインでは定番品種です。
メジアの造る「白」は スッキリとした飲み口と 爽やかでフレッシュな口当たり。見た目通りに期待を裏切らない 冷やした「辛口」がよく似合う シャルドネの風味の生きた「白」ができあがります。
カクテルのベースにも最適です。
 

ヴィエイユ・ヴィーニュ
樹齢50年超えの古木たちが
元気に実る ブドウ畑

メジア社AOC自然派ワイン

 
ブドウの樹木は 平均樹齢50年を超えています。「Vieille Vignes ヴィエイユ・ヴィーニュ 」古木と呼ばれる高樹齢のブドウを栽培しています。
ブドウは、およそ3年ほどで実を付け始め、行き届いた手入れ次第では120年前後の樹齢を期待できるとされています。ただし 樹木の成長は一定ではなく 若木から樹齢20年ほどで それまでの勢いのある成長が落ち着いてきます。
結実も減り始めますが、反対に木の根は地中に長く伸びており、地中の養分やミネラル分の吸収は良くなっています。葉の数も減りますが、その分、日照の行き届く葉が増え、光合成は促進されます。結果としてブドウの実ひとつあたりに与えられる栄養分等が若木に比べて向上することから、格段に品質の良いブドウが収穫できるとされています。
基準や規定も存在しませんが、およそ樹齢30~40年以上の樹木を「古木」と呼ぶことが多いようです。
 

ビオダイバシティの追求
カラダに優しい
地球に優しいワイン造り

HVE

 
農場-ブドウ畑は、HVE "HAUTE VALEUR ENVIRONNEMENTALE"の認証を受けている、環境保全に取り組んでいる農場です。
● HVE(英語版ではHEV)は、政府・公的機関により基準が作成され管理される、農園と醸造施設等をすべてを含めて対象とする、農場全体の「公的環境認証」です。環境認証局(CNCE)によるレベル分け認証の内、最高水準ランクとなる「高環境価値」認証を受けています。
● 農場の良好な環境条件維持に始まり
● 醸造施設を含めた農場全体での生物多様性の保護と維持
● 肥料の管理、土壌の水分状態保全
● 農場土壌中の給水最適化などの水資源環境パフォーマンス
● さらに植物検疫対策の実効度
などを主要項目として CNCEにより検査され、実効性十分な値の結果を得て認証を受けるものです。
 

3つの“村”と1つの“村々”
原産地呼称統制 AOC・AOP

AOC

 
AOCとは原産地呼称統制(フランス法)
Appellation d'Origine Contrôlée
(アペラシオン・ドリジヌ・コントロレ)
AOPとは保護原産地呼称(EU 統一基準)
Appellation d'Origine Protégée
(アペラシン・ドリジヌ・プロテジェ)
AOPもAOCからの派生と考えられるので 両者に大きな相違はございません。
言わば、原産地名を「ブランド化」して その価値を高め「商標化」させる様な法律です。その分、厳しい管理が課されます。

2009年のフランス・ワイン法の改正でEU統一基準であるAOPに統合させるかたちで旧ワイン法の最高位格付であるAOCと、その下位格付であるAOVDQSの一部がAOP=地理的表示付きワイン(保護原産地呼称ワイン)に再分類されました。

*当サイトではより細分化された分類による厳しい基準で格付された旧ワイン法による表記をそのまま使用しています。実際に、現行法下であっても公的検査機関による品質検査の際には「AOC」として記載された公式文書が発行されており、行政機関も含めたフランスのワイン業界内では旧法による表記が一般的に常用されています。

メジアの AOC・AOP基準をクリアした土地とワイン造り。
その法律によって厳しく管理・統制される AOC・AOP で「村」のレベルに該当する「クリュ・デュ・ボージョレ」対象10村の内、
「CHIROUBLES」シルーブル
「MORGON」モルゴン
「RÉNIÉ」レニエ
上記3つの該当する各村に 基準をクリアしたブドウ畑を所有し 各村名を冠したワイン造りを行っています。
ボージョレ地区内48村には「Villages」ヴィラージュと称することが許可され、上記3村を含む対象村では
「Beaujolais-Villages」ボージョレ・ヴィラージュ と呼称するワイン生産が許可されます。基準がより厳しくなることから、格付けが高くなる印象です。
新酒「Nouveau」ヌーヴォも統制の対象です。
Villagesに該当する村では
「Beaujolais Nouveau」ボージョレ・ヌーヴォ ではなく 格付けの高い
「Beaujolais-Villages Nouveau」ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ と呼称します。
 

Vigneron Indépendant

Vigneron Indépendant

 
Vigneron Indépendant は「独立系ワイン醸造業者」の大規模業界団体で、組合も組織しています。メジアは会員です。
この団体は各地で「Salon」や試飲会などを開催しており、各種コンクールへの出品にも協力しています。
「本物のワインと個性」を標榜する団体の主な憲章は次の3つです。
● 自らのテロワールを尊重し 自らのブドウ畑で栽培している
● 自らのセラーで ワインを作る
● 情熱をもって 個性有るワインを売る
テロワール(Terroir)とは、その農地の地形・土壌・気候など、地理・地勢による特徴を意味する派生語です。
憲章には、「土地・土壌を守り育み、ブドウ畑を営み、自らブドウを収穫し、自らのセラーでワインを作りボトリングし、販売する。
伝統に従い作品として結実したワインを発表し、飲み、また訪れる者を歓迎しアドバイスも行う・・・」と言った内容が謳われています。
 

伝統的なワイン造りと
近代的設備

メジア社AOC自然派ワイン

 
メジアは、祖先からの土地を受け継ぎ、伝統的なワイン造りを守り伝えるワイナリーです。伝統を守り伝えつつ、時代によって変わる技術や設備を積極的に取り入れる柔軟さも持ち合わせています。
● ブドウの収穫は すべて「手摘み」で行なわれ、瓶詰めまでを一貫してワイナリーで行なう、伝統的なワイン造りを行っています。
● 伝統的な醸造方法を守りつつ、一方、発酵やワインの保存温度の制御には 近代的設備を用いた高精度な管理のもとで行われています。
● ただ単に機械による管理に任せるのではなく、そこには必ず随所において「長年に渡る職人の勘」が加わります。
ワインは生き物です。その日、その時の気温や湿度などに合わせ、醸造工程の随所で「職人」の五感によって繊細な確認と調整が入ります。最後は「職人の目と舌と鼻」で造られているのです。
 

カラダに優しい
地球に優しいワイン造り

テラ・ヴィティス

 
「Terra Vitis テラ・ヴィティス」認定農場です。
ワイナリーを対象に 単にオーガニックと呼ばれるブドウ栽培だけに着目するのではなく 本来あるべき自然、すべての生物の生態系が持続可能に保全されることを目指し 認定を行う第三者機関。審査対象となるワイナリーが 構成要件を満たし 実際に生態系持続可能な農園保護を実践している場合に認定を付与しています。目標とする条件が単純な有機栽培をはるかに越えたところに設定されているため より地球に優しい 人に優しい ワイン生産を行っているかの判断を容易にする有効な指標になります。
 
  Top⬆

ブルゴーニュ ボージョレ

ワインの大銘醸地 ブルゴーニュ そして ボージョレ

シルーブル

 
ボージョレ地区はブルゴーニュの南部に位置しています。
ブルゴーニュ地方、ブルゴーニュ旧地域圏はDijionディジョンを中心としたフランスの中東部に位置する歴史ある地域です。ピノノワール、シャルドネを用いたブルゴーニュワイン、シャンパン、シャブリ、そしてガメイを用いたボージョレといった有名なワインを産する大銘醸地です。
その中でも ボージョレ・ワインに注目してご案内しています。
栽培するブドウ品種は・・・
赤 は「Gamay ガメイ種」 白 は「Chardonnay シャルドネ種」を基本としています。
ガメイ種で造られる赤ワインは 華やかなベリー系の香りに包まれた 深紅のルビー色に輝く風味豊かなワインとなりますが そのフレッシュさにおいては圧倒的であり 特にクリュ・デュ・ボージョレにおいて「ボージョレ・ワインの代名詞」となるものです。それ故に「白ワイン」の生産量はごく僅かに限られており 数%にも満たないとも言われています。
ブルゴーニュの赤ワインと言えば 「Pinot Noir ピノ・ノワール種」ですが ボージョレ地区では最北部のMâconマコンに隣接する一部の地域で ガメイと混在して栽培されているものの AOCにも関連して ボージョレ地区での作付けのほとんどが「Gamay ガメイ種」となっています。

ボルドー地方でのワイン造りは 集約型の大規模化が古くから進み 大きな「シャトー」を中心としたワイナリーの集合体が多数見られますが ブルゴーニュ・ボージョレ地域では独立した個別の農場・ワイナリー経営が圧倒的多数を占め 家族単位の小規模なワイナリーが 個性を競い合っています。ボージョレ地区に位置するシルーブルやモルゴンも そのひとつです。
 

シルーブル とは?

ボージョレ最北部に位置するワインの村

シルーブル

 
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
 (département) ローヌ県
 (arrondissement) ヴィルフランシュ・スュル・ソーヌ郡
小郡 (canton) ボージュ郡
INSEEコード 69058
郵便番号 69115

周辺の中心都市Bellevilleベルビルから15kmほど北西に位置する小高い山と谷に囲まれた村で 隣接する地域の 標高700mを超える山に連なる標高約300~400mほどの丘陵地帯です。ワイナリーのブドウ農園としては、ブルゴーニュ、ボージョレの中でも 最も標高の高い場所のひとつです。
手付かずの 自然のままの山々(丘?)も並びますが、日当たりの良い山の傾斜地には 数多くのブドウ畑が続いており、南側に開けたMorgonモルゴンのブドウ畑と連なり 遙か先まで整然と並んだブドウの木々が織りなす景色は壮観です。
日中と夜間の気温の寒暖差も大きく、それ故か 朝・夕にはかなりの確率で霧が発生します。日照を確保し易い斜面に開けた丘陵地帯に加え、水捌けも良く水資源にも恵まれた花崗岩質の土壌は、ブドウ栽培に適した高原地帯であり、また気温の日較差は ブドウに養分の吸収や蓄え・凝縮を促します。

広さ 7平方キロメートル強の土地に およそ350人ほどの住民が寄り添うように集落を形成して暮らす のどかな村です。
周辺の村々も含め 非常に治安の良いところでもあり その景色こそ違いますが 古き良き時代の日本の田舎の原風景を彷彿とさせてくれます。基本的に密集した集落での ご近所同士の助け合いが 良い意味で防犯にも一役買っているのかも知れません。
 

クリュ・デュ・ボージョレ

ボージョレを象徴する「10の村」

クリュ・デュ・ボージョレAOC

 
ブルゴーニュを代表するワインのひとつ「ボージョレ・ワイン」の名声を保つ礎となるのが「クリュ・デュ・ボージョレ」で造られる品質の高いワインです。対外的に 一定以上の品質を保証した特定の「村」の名前を冠するためには 法律によって厳しく管理・統制された 原産地呼称統制「AOC」の基準をクリアしていることが条件となります。ごく限られた一部の村に限定され許可されています。
周辺一帯はワインの大銘醸地であり 数多のワイナリーが存在しますが AOCとしてボージョレ・ワインを名乗れる村は 96村。その中でボージョレ・ヴィラージュとして AOC「ヴィラージュ」を名乗れる村は 46村。地域から地区へ、さらに村へと、対象となる範囲が狭くなるほど AOCの管理はより厳しくなり ブドウの収穫量やアルコール度数などにもより厳格な統制がかけられます。ヴィラージュは「村々」ですので、特定の「村」の固有名詞は名乗れません。
「Crus du Beaujolais」クリュ・デュ・ボージョレ。
特定の「村」の名前を冠するには AOCによってさらに厳格な管理・統制が図られます。AOCによるいわゆる格付は、各ワイン生産地によって基準や名称に違いがあります。ボージョレ地区では、4分類の中で最高位にランクされます。地図をご覧いただけますか? 該当する村は シルーブルを含めたわずか 10村のみに留まっています。
AOCを名乗ると言うことは 国の定めた一定以上の基準をクリアした証でもあり「一定以上の品質」を政府が保証したことにもなります。ワインはフランス国内だけでなく 国にとって重要な税財源となる輸出品目でもあり 国の施策とも密接に関連するため 法律によって統制をかけているわけです。この施策や取り組みは日本を含めた他の国々でも同様に行われています。
 
  Top⬆

✈✈✈ ワイナリー MÉZIAT メジア と フランスの航空会社 ✈✈✈

ワイナリー MÉZIAT メジア

✈✈ フランスの航空会社 ✈✈

フランス航空が 30年を超えて選定し続ける
「ただひとつの」ワイナリー
それが MÉZIAT メジア です

フランス航空*が メジアを選び続けて 30年を超える お付き合いです

リヨン空港

参考:ワイナリー 最寄りのフランス・リヨン空港

● 選ばれたワイナリー 『メジア』

メジア社は フランスから世界中に翼を広げる航空会社から、長年に渡りご指名を賜る栄誉に感謝しています。ひとつの会社と長年のお付き合いをしていただけることは、社会一般で見ても本当に難しいことで、互いに信頼関係が生まれなくては成り立ちません。メジア社はその信頼に応えるべく、伝統の技と、テロワールの恵みを生かした自然派ワイン造りに勤しんでいます。

● 一時的な機内食へのノミネートではありません

航空会社では 世界各地の上得意様を対象として記念の品を贈り、また、謝恩の宴を催すことがあります。
当時、フランス本社がお客様へと繋がる「おもてなしの架け橋」役として選んだのは・・・
その年の新酒 「ボージョレ・ヌーヴォ」 でした。(メジアでは ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ)
数多の優れたワイナリーに恵まれた国 フランス。それこそ無数とも言える選択肢の中から 国を代表する航空会社に選ばれたワイナリーが「メジア社」でした。
それ以来、その信頼に応えるべく高品質の自然派ワインをお届けし続けています。
*顧客情報の開示ではなく、購入側に在籍したスタッフの経験談として記事にしています。ご了承ください。

● 選ばれ続ける『メジア』と 入手困難な 幻の逸品

メジア社は伝統的なワイン作りを続ける家族経営のワイナリーです。当然 その生産量には限界があります。しかし、こうした長いお付き合いをいただけるお客様には もちろん信頼で応えねばなりません。
メジア社では この 「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」 を一般に販売する自社の商品リストに並べていません。
航空会社を始め、基本、すべてが受注生産のみで販売されています。
自国の、フランス国内でも 容易に購入できないことを意味します。「幻の逸品」とも言われた所以です。

●「クリュ」のクオリティが生きる高品質な「ヌーヴォ」

メジア社の造る「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」は、「AOCヴィラージュ」を冠していますが、すべてのブドウはAOCで最高位格付となる「クリュ」の畑で栽培される樹齢50年のヴィエイユ・ヴィーニュの古木から収穫された質の高い凝縮した果実を選別し、「クリュ」のワインと同じ醸造設備で造られています。
ヴィラージュの格付でありながら、クリュのクオリティが生かされた高品質な自然派ワインです。

● 「ヌーヴォ」だと気付かなかった方が続出! その味わいは あなた自身で・・・

日本で行った業界のプロの方を対象とした試飲会でも、航空会社が主催した顧客向けボージョレ・パーティーでも、 「ヌーヴォ」とは思えなかった方が続出。
ワイン・・・お酒は嗜好品ですので、味わいの感じ方も人それぞれ。ただ、別々の場で複数の方が異口同音にヌーヴォとは思わなかったということは、彩り・香り・味わいなど、それまで飲まれてきた体験から知るヌーヴォとは違う味わいで楽しませてくれたということだけは確かな様です。

これが今まで日本では知られていない クリュ・デュ・ボージョレ「秘蔵」のワイナリー『メジア』だから成せる技なのか、気になりますよね? そして、新酒、ヌーヴォでもこのクオリティを出せるなら、メジアの造る「クリュ」( シルーブルなどの村名を冠したAOC最高位格付ワインのこと) のワインがどんな味わいで楽しませてくれるのか、知りたくなりますよね?
ちなみに当ご案内役は ビールと日本酒とウィスキーでしたが、その好奇心からクリュを試し、気付けば「ワイン片手に “ウチごはん”」が普通に追加されていました。
「きっかけ」となるものは様々です。こんなエピソードでも興味を持ってくだされば幸です。そんな ふとしたご興味も ご紹介するメジアのワインだけでなく、フランスワインの、ボージョレワインの、入り口のひとつとなるかも知れません。
「なぜ、『メジア』が選ばれ続けているのか?」
答えは ぜひ あなた自身の五感で お確かめください・・・

*フランス航空とはフランス国籍の航空会社を意味します。当サイト上において特定の会社名や固有名詞を指し示したものではございません。参考写真は枠内の特定物を対象とする記念写真であり、偶然に写り込んだ背景その他の人物・人工物等はすべて無関係なものとします。
 

フランス航空が 30年を超えて
選定し続ける
「ただひとつの」ワイナリー
それが MÉZIAT メジア です

フランス航空*が メジアを選び続けて 30年を超える お付き合いです

リヨン空港

参考:ワイナリー 最寄りのフランス・リヨン空港

● 選ばれたワイナリー 『メジア』

メジア社は フランスから世界中に翼を広げる航空会社から、長年に渡りご指名を賜る栄誉に感謝しています。ひとつの会社と長年のお付き合いをしていただけることは、社会一般で見ても本当に難しいことで、互いに信頼関係が生まれなくては成り立ちません。メジア社はその信頼に応えるべく、伝統の技と、テロワールの恵みを生かした自然派ワイン造りに勤しんでいます。

● 一時的な機内食へのノミネートではありません

航空会社では 世界各地の上得意様を対象として記念の品を贈り、また、謝恩の宴を催すことがあります。
当時、フランス本社がお客様へと繋がる「おもてなしの架け橋」役として選んだのは・・・
その年の新酒 「ボージョレ・ヌーヴォ」 でした。(メジアでは ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ)
数多の優れたワイナリーに恵まれた国 フランス。それこそ無数とも言える選択肢の中から 国を代表する航空会社に選ばれたワイナリーが「メジア社」でした。
それ以来、その信頼に応えるべく高品質の自然派ワインをお届けし続けています。
*顧客情報の開示ではなく、購入側に在籍したスタッフの経験談として記事にしています。ご了承ください。

● 選ばれ続ける『メジア』と 入手困難な 幻の逸品

メジア社は伝統的なワイン作りを続ける家族経営のワイナリーです。当然 その生産量には限界があります。しかし、こうした長いお付き合いをいただけるお客様には もちろん信頼で応えねばなりません。
メジア社では この 「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」 を一般に販売する自社の商品リストに並べていません。
航空会社を始め、基本、すべてが受注生産のみで販売されています。
自国の、フランス国内でも 容易に購入できないことを意味します。「幻の逸品」とも言われた所以です。

●「クリュ」のクオリティが生きる高品質な「ヌーヴォ」

メジア社の造る「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」は、「AOCヴィラージュ」を冠していますが、すべてのブドウはAOCで最高位格付となる「クリュ」の畑で栽培される樹齢50年のヴィエイユ・ヴィーニュの古木から収穫された質の高い凝縮した果実を選別し、「クリュ」のワインと同じ醸造設備で造られています。
ヴィラージュの格付でありながら、クリュのクオリティが生かされた高品質な自然派ワインです。

● 「ヌーヴォ」だと気付かなかった方が続出! その味わいは あなた自身で・・・

日本で行った業界のプロの方を対象とした試飲会でも、航空会社が主催した顧客向けボージョレ・パーティーでも、 「ヌーヴォ」とは思えなかった方が続出。
ワイン・・・お酒は嗜好品ですので、味わいの感じ方も人それぞれ。ただ、別々の場で複数の方が異口同音にヌーヴォとは思わなかったということは、彩り・香り・味わいなど、それまで飲まれてきた体験から知るヌーヴォとは違う味わいで楽しませてくれたということだけは確かな様です。

これが今まで日本では知られていない クリュ・デュ・ボージョレ「秘蔵」のワイナリー『メジア』だから成せる技なのか、気になりますよね? そして、新酒、ヌーヴォでもこのクオリティを出せるなら、メジアの造る「クリュ」( シルーブルなどの村名を冠したAOC最高位格付ワインのこと) のワインがどんな味わいで楽しませてくれるのか、知りたくなりますよね?
ちなみに当ご案内役は ビールと日本酒とウィスキーでしたが、その好奇心からクリュを試し、気付けば「ワイン片手に “ウチごはん”」が普通に追加されていました。
「きっかけ」となるものは様々です。こんなエピソードでも興味を持ってくだされば幸です。そんな ふとしたご興味も ご紹介するメジアのワインだけでなく、フランスワインの、ボージョレワインの、入り口のひとつとなるかも知れません。
「なぜ、『メジア』が選ばれ続けているのか?」
答えは ぜひ あなた自身の五感で お確かめください・・・

*フランス航空とはフランス国籍の航空会社を意味します。当サイト上において特定の会社名や固有名詞を指し示したものではございません。参考写真は枠内の特定物を対象とする記念写真であり、偶然に写り込んだ背景その他の人物・人工物等はすべて無関係なものとします。
 

  Top⬆

~ 本場フランスで MÉZIAT メジア を味わう! ~
パートナー・ショップのご案内
フランス渡航の際には ぜひシェフのお勧め料理との
マリアージュをお楽しみください

本場フランスで
MÉZIATメジアを味わう!
~ パートナー・ショップ ~

フランス渡航の際には
シェフのお勧め料理との
マリアージュを
お楽しみください

RESTAURANTS FRANCAIS

フランス国内のレストラン

メジア社AOC自然派ワイン

 
AU CRUCHON 
11 Rue des Pucelles 
67000 STRASBOURG 
RESTAURANT « AUX PTITS OIGNONS » 
28 Rue de la Wantzenau 
67116 REICHSTETT 

LE POT BEAUJOLAIS 
26 Rue de Paris 
59800 LILLE 

LA CONCIERGERIE 
12 Quai Pierre Scize 
69009 LYON 

LA FEUILLEE 
Le Bourg 
69620 THEIZE 

L’OASIS DU PETIT GALIBIER 
1000 Chemin du Déguier 
83640 ST ZACHARIE
--------------------------------------------------
*代表的なお店を抜粋してご紹介しています。
 

RESTAURANTS PARISIENS

パリのレストラン

フランスのレストラン

 
L'ABORDAGE 
2 Place Henri Bergson 
75008 PARIS 

MA BOURGOGNE 
19 Place des Vosges 
75004 PARIS 

LE RALLYE PERRET 
6 Rue Daguerre 
75014 PARIS 

LA BARON ROUGE 
1 Rue Théophile Roussel 
75012 PARIS 

LA TOUPIE ENCHANTEE 
40 Avenue Jean d'Estienne d'Orves 
94340 JOINVILLE LE PONT 

LE BISTROT D’ANDRE 
232 Rue St Charles 
75015 PARIS 

LA CAVE BEAUVAU 
4 Rue des Saussaies 
75008 PARIS 

LE GRAND CAFE DE LA POSTE 
103 Bd Malesherbes 
75008 PARIS 

LE VERRE A VIN 
215 Rue de Bercy 
75012 PARIS 

LE BARATIN 
41 Bd St Marcel 
75013 PARIS 

LE VAGENENDE 
142 Bd St Germain 
75006 PARIS
 

CAVISTES EN FRANCE
CAVISTES A PARIS

フランス国内とパリのワイン・ショップ

フランスのワインショップ

 
LE CHAI DU 66  LE PRESSOIR 
66 Rue de Boussange 5 Rue de la Part-Dieu 
57300 MONDELANGE 69003 LYON 

LE TASTEVIN 
Rue Jean Monnet 
22950 TREGUEUX 

INFLUENCES SUD-OUEST 
9 Rue Stalingrad 
38100 GRENOBLE

-----------------------------------

CAVE PERRET 
6 Rue Daguerre 
75014 PARIS 

LA RESERVE DES GOURMETS 
210 Bis Avenue Dausmenil 
75012 PARIS 

ESPRIT GOURMAND 
37 Rue du Château d’Eau 
75010 PARIS
 

フランス メジア社のAOC自然派ワイン

EARL MÉZIAT PÈRE ET FILS
ドメーヌ・ワイナリー:メジア

フランス メジア社
ブルゴーニュ地方・ローヌ北端
ボージョレ地区から
伝統のAOC自然派ワインをお届け
メジア・ジャポン
エル・ワイン・ブティック
総輸入販売代理店直営店


各種お問合わせ
専用フォーム から
20歳未満の方には 
酒類販売いたしません

お電話でのご注文は
お受けしておりません
各種業務関連等の
お問い合わせも
専用フォーム から
ご利用案内
お客様へのお願い
~・~・~
未成年者のお酒の購入は
代理も含め禁止です
ご購入に際しては
年齢確認が必要です
ご協力をお願いします
~・~・~
ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ AOC ボジョレーヌーボーボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ AOC ボジョレーヌーボー

配送お任せ割引実施中!
ヴィラージュ・ヌーヴォ

シルーブル AOC クリュ・デュ・ボージョレシルーブル AOC クリュ・デュ・ボージョレ

クリュ・デュ・ボージョレの逸品
シルーブル

モルゴン AOC クリュ・デュ・ボージョレモルゴン AOC クリュ・デュ・ボージョレ

クリュ・デュ・ボージョレの逸品
モルゴン

レニエ AOC クリュ・デュ・ボージョレレニエ AOC クリュ・デュ・ボージョレ

クリュ・デュ・ボージョレの逸品
レニエ

ボージョレ・ヴィラージュ AOCボージョレ・ヴィラージュ AOC

ボージョレを代表する「赤」
ボージョレ・ヴィラージュ

ボージョレ・ヴィラージュAOC白ボージョレ・ヴィラージュAOC白

シャルドネ100%の「白」
ヴィラージュ・ブラン

ボージョレ・ヴィラージュAOCロゼボージョレ・ヴィラージュAOCロゼ

華やかな色と香りに包まれる
ヴィラージュ・ロゼ

メジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレメジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレ

クリュ・デュ・ボージョレの
AOC赤ワイン3銘柄セット

メジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレメジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレ

クリュとヴィラージュの
AOC赤ワイン4銘柄セット

メジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレメジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレ

クリュとヴィラージュ白
AOCワイン4銘柄セット

ボージョレ・ヴィラージュAOC白・ロゼボージョレ・ヴィラージュAOC白・ロゼ

パリやニューヨークでも人気
ロゼ・白ワイン2種セット

メジア社の自然派ワイン AOC クリュ・デュ・ボージョレAOCメジア社の自然派ワイン AOC クリュ・デュ・ボージョレAOC

メジア社 AOC・AOP 全6銘柄
お得な味わいセット

フランスワイン ボージョレヌーボー エル・ワイン・ブティックフランスワイン ボージョレヌーボー エル・ワイン・ブティック

厳選した自然派ワインをお届けします

フランスワイン ボージョレヌーボー エル・ワイン・ブティックフランスワイン ボージョレヌーボー エル・ワイン・ブティック

Aile Global Intertrade
総輸入販売元

フランス メジア社のAOC自然派ワイン

EARL MÉZIAT PÈRE ET FILS
ドメーヌ・ワイナリー:メジア

フランス メジア社
ブルゴーニュ地方・ローヌ北端
ボージョレ地区から
伝統のAOC自然派ワインをお届け
メジア・ジャポン
エル・ワイン・ブティック
総輸入販売代理店直営店


各種お問合わせ
専用フォーム から
20歳未満の方には 
酒類販売いたしません

お電話でのご注文は
お受けしておりません
各種業務関連等の
お問い合わせも
専用フォーム から
ご利用案内
お客様へのお願い
~・~・~
未成年者のお酒の購入は
代理も含め禁止です
ご購入に際しては
年齢確認が必要です
ご協力をお願いします
~・~・~
ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ AOC ボジョレーヌーボーボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ AOC ボジョレーヌーボー

配送お任せ割引実施中!
ヴィラージュ・ヌーヴォ

シルーブル AOC クリュ・デュ・ボージョレシルーブル AOC クリュ・デュ・ボージョレ

クリュ・デュ・ボージョレの逸品
シルーブル

モルゴン AOC クリュ・デュ・ボージョレモルゴン AOC クリュ・デュ・ボージョレ

クリュ・デュ・ボージョレの逸品
モルゴン

レニエ AOC クリュ・デュ・ボージョレレニエ AOC クリュ・デュ・ボージョレ

クリュ・デュ・ボージョレの逸品
レニエ

ボージョレ・ヴィラージュ AOCボージョレ・ヴィラージュ AOC

ボージョレを代表する「赤」
ボージョレ・ヴィラージュ

ボージョレ・ヴィラージュAOC白ボージョレ・ヴィラージュAOC白

シャルドネ100%の「白」
ヴィラージュ・ブラン

ボージョレ・ヴィラージュAOCロゼボージョレ・ヴィラージュAOCロゼ

華やかな色と香りに包まれる
ヴィラージュ・ロゼ

メジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレメジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレ

クリュ・デュ・ボージョレの
AOC赤ワイン3銘柄セット

メジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレメジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレ

クリュとヴィラージュの
AOC赤ワイン4銘柄セット

メジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレメジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレ

クリュとヴィラージュ白
AOCワイン4銘柄セット

ボージョレ・ヴィラージュAOC白・ロゼボージョレ・ヴィラージュAOC白・ロゼ

パリやニューヨークでも人気
ロゼ・白ワイン2種セット

メジア社の自然派ワイン AOC クリュ・デュ・ボージョレAOCメジア社の自然派ワイン AOC クリュ・デュ・ボージョレAOC

メジア社 AOC・AOP 全6銘柄
お得な味わいセット

フランスワイン ボージョレヌーボー エル・ワイン・ブティックフランスワイン ボージョレヌーボー エル・ワイン・ブティック

厳選した自然派ワインをお届けします

フランスワイン ボージョレヌーボー エル・ワイン・ブティックフランスワイン ボージョレヌーボー エル・ワイン・ブティック

Aile Global Intertrade
総輸入販売元

フランス メジア社のAOC自然派ワイン

EARL MÉZIAT PÈRE ET FILS
ドメーヌ・ワイナリー:メジア

フランス メジア社
ブルゴーニュ地方・ローヌ北端
ボージョレ地区から
伝統のAOC自然派ワインをお届け
メジア・ジャポン
エル・ワイン・ブティック
総輸入販売代理店直営店


ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ AOC ボジョレーヌーボーボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ AOC ボジョレーヌーボー

配送お任せ割引実施中!
ヴィラージュ・ヌーヴォ

シルーブル AOC クリュ・デュ・ボージョレシルーブル AOC クリュ・デュ・ボージョレ

クリュ・デュ・ボージョレの逸品
シルーブル

モルゴン AOC クリュ・デュ・ボージョレモルゴン AOC クリュ・デュ・ボージョレ

クリュ・デュ・ボージョレの逸品
モルゴン

レニエ AOC クリュ・デュ・ボージョレレニエ AOC クリュ・デュ・ボージョレ

クリュ・デュ・ボージョレの逸品
レニエ

ボージョレ・ヴィラージュ AOCボージョレ・ヴィラージュ AOC

ボージョレを代表する「赤」
ボージョレ・ヴィラージュ

ボージョレ・ヴィラージュAOC白ボージョレ・ヴィラージュAOC白

シャルドネ100%の「白」
ヴィラージュ・ブラン

ボージョレ・ヴィラージュAOCロゼボージョレ・ヴィラージュAOCロゼ

華やかな色と香りに包まれる
ヴィラージュ・ロゼ

メジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレメジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレ

クリュ・デュ・ボージョレの
AOC赤ワイン3銘柄セット

メジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレメジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレ

クリュとヴィラージュの
AOC赤ワイン4銘柄セット

メジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレメジア社AOCワイン クリュ・デュ・ボージョレ

クリュとヴィラージュ白
AOCワイン4銘柄セット

ボージョレ・ヴィラージュAOC白・ロゼボージョレ・ヴィラージュAOC白・ロゼ

パリやニューヨークでも人気
ロゼ・白ワイン2種セット

メジア社の自然派ワイン AOC クリュ・デュ・ボージョレAOCメジア社の自然派ワイン AOC クリュ・デュ・ボージョレAOC

メジア社 AOC・AOP 全6銘柄
お得な味わいセット

フランスワイン ボージョレヌーボー エル・ワイン・ブティックフランスワイン ボージョレヌーボー エル・ワイン・ブティック

厳選した自然派ワインをお届けします

フランスワイン ボージョレヌーボー エル・ワイン・ブティックフランスワイン ボージョレヌーボー エル・ワイン・ブティック

Aile Global Intertrade
総輸入販売元

フランス メジア社のAOC自然派ワイン

EARL MÉZIAT PÈRE ET FILS
ドメーヌ・ワイナリー:メジア

フランス メジア社
ブルゴーニュ地方・ローヌ北端
ボージョレ地区から
伝統のAOC自然派ワインをお届け
メジア・ジャポン
エル・ワイン・ブティック
総輸入販売代理店直営店


各種お問合わせ
専用フォーム から
20歳未満の方には 
酒類販売いたしません

お電話でのご注文は
お受けしておりません
各種業務関連等の
お問い合わせも
専用フォーム から
ご利用案内
お客様へのお願い
~・~・~
未成年者のお酒の購入は
代理も含め禁止です
ご購入に際しては
年齢確認が必要です
ご協力をお願いします
~・~・~
フランス メジア社のAOC自然派ワイン

EARL MÉZIAT PÈRE ET FILS
ドメーヌ・ワイナリー:メジア

フランス メジア社
ブルゴーニュ地方・ローヌ北端
ボージョレ地区から
伝統のAOC自然派ワインをお届け
メジア・ジャポン
エル・ワイン・ブティック
総輸入販売代理店直営店


各種お問合わせ
専用フォーム から
20歳未満の方には 
酒類販売いたしません

お電話でのご注文は
お受けしておりません
各種業務関連等の
お問い合わせも
専用フォーム から